冷え性

Vol.10

美人力をアゲるには
冷えを改善することがイチバン

女性の場合は2人に1人が冷え性といわれています。季節を問わず、冷え症で悩む人が多いといえるでしょう。また冷えを自覚していない、隠れ冷え性の場合もあります。冷えると体の機能の低下や病気にもつながることもあります。体の冷えによって引き起こされる症状や、冷え性になりやすい人のタイプなどをご紹介します。

冷えは美人力をダウンさせる

女性の方は月経不順、生理痛に悩んでいませんか?女性には冷え性の人が多いといわれますが、冷え性の場合には毎月のサイクルを重く感じている人がいます。また現代では冷えが原因と思われる不妊症で悩む方も多いようです。冷え性はただ単に手足が冷たくなるという症状だけではありません。血行不良によって顔にクマができる、顔色が悪い、下痢や便秘になる、などを引き起こします。どれをとっても美人力を下げるようなものばかりだと思いませんか?

風邪をひきやすくなったという人は、体そのものが冷えている場合があります。一方で、冷えを自覚しにくい隠れ冷え性というのもあります。ダイエットをしても痩せにくい、体がむくみやすいという方は冷えによる代謝不足が原因の場合もあります。冷えは万病のもとですから、隠れ冷え性も見逃せない冷え性なのです。

過ごす環境やファッションも冷えの原因に

エアコンが効いた部屋で長時間過ごすなど、環境的に冷えるような場所にいる人は体も冷えやすくなります。過剰に冷たい飲み物や食べ物もよくありません。女性の場合には、筋肉量が少ないことによって熱を生み出す量も少なくなるため、冷え性になりやすいといえるでしょう。

特に卵巣や子宮などを冷やしてしまうと、ホルモンバランスが崩れる要因となり妊娠や出産にも影響します。女性こそ体を温めることを意識しておきたいですね。

美人のもとは温めるがキホン

冷え予防にはまず、体に取り込む食材を見直してみましょう。血行を良くする、代謝を促進する、熱をもたらすものを意識して摂るようにします。大豆や魚、肉などのたんぱく質、レバー、生姜、ビタミンEやビタミンCが含まれる食材などが効果的です。苦手なものがある場合にはサプリメントでもよいでしょう。

次に、体を温める習慣を身につけることが大切です。お風呂では浴槽に入り体を温めてから就寝しましょう。ぐっすりと眠ることも冷えを改善することにつながります。さらに軽めの運動でもよいですので、運動をする習慣を取り入れましょう。運動不足は血液も滞り、冷える原因となります。ウオーキング、ヨガなどを体に負担にならない程度に行うことで、気分転換もできますね。

体温が1度上がるだけでも、体の免疫力が数倍アップすると言われています。免疫力が高ければ病気にもなりにくく、老化防止にも効果的です。体を冷やさないようにすることを心がけ、美人力につなげてみてはいかがでしょうか。

2015.12.14 更新