膀胱と腎臓の足つぼで脚のむくみを解消!

Vol.2

足裏が全身の美と健康を司る!?

これだけはやっておきたい足裏マッサージ

足ツボ、リフレクソロジーはもちろん、靴選びやウォーキング……。世界中にはさまざまなレッグケアがあり、街にはそれぞれの考え方に基づいたレッグケアサロンがあります。サロンでのケアも気持ちいいけれど、簡単にセルフケアできればもっとキレイを手に入れられるはず!台湾足ツボをベースに各国のノウハウを組み合わせた独自のフットケア「Matty式足ツボ」でさまざまな人の美と健康を叶えているMattyさんに、簡単で効果的なマッサージを教えてもらいました。

Matty(マティ) さん

台湾で修行し、20 年のキャリアをもつ足ツボ師。台湾足ツボをベースに現代の足のトラブルに対応した各国のフットケアを盛り込んだ即効力と改善率の高い「Matty 式足ツボ」を考案。

足裏を見れば
心と身体の状態が分かる

― 足裏は第2の心臓、なんて言いますが、なぜそんなに大事なんでしょう?

台湾式に言えば全身のツボが足の裏あるということですし、また、足の裏は全身を支えている箇所。実は、人は一生で地球4周分歩くんです!すごいでしょう?その気が遠くなるような距離を歩くことを支えているのが、足の裏なわけです。

― いわば、人生を支えているのが足の裏、と言っても過言ではないですね。

そうかもしれませんね。足裏にはその人の性質とか健康状態が出るから、診断ができちゃうんです。たとえば、つちふまずは胃のツボですが、上半分が硬いとストレスによる胃のダメージあり、下半分は体質として胃弱の人。また、かかとは生殖器のツボなんですけど、ガチガチに硬い人は恋愛から遠ざかっているのかな、とか逆にやわらかすぎる人は浮気性かも、という考え方もできたり(笑)。診断だけではなく予防にもつながるので、足ツボのマッサージでアレルギーから肩こりまで、外科的な疾患以外のほとんどすべてのトラブルをケアできると言っても過言ではありません。足先に意識を向けて刺激するだけでもいいんです。たとえば、仕事中に靴を脱いでグーパーするだけで、足の末端まで血液が巡って滞った流れが改善、むくみに効果ありですから!あとは、足の指を洗ったり拭いたりすることも、大事なマッサージなんですよ

一日の終わりにはゴミ箱を空っぽにする足裏マッサージを

― 何気ないアクションも、ちゃんと正しくやれば効果的なマッサージになるってことですね。

そう!しっかりとツボを刺激してあげることで、効果的になるんです。足の指には安眠・リセットのツボがありますから、夜、お風呂で洗ったり、しっかり水分を拭き取ったりしながらツボを刺激することで、身体のスイッチがオフになります。基本は、指先からかかとに向かってマッサージします。左右の順は、心臓のツボがある左足から。何気なく手を伸ばして触れる部分やなんとなく痛みやうずきのある部分は、調子の悪い身体の箇所のツボですから、気をつけた方がいいです。

― どんなに忙しくて時間のない人でも、面倒くさがりさんでも、一日数分でここだけマッサージすればいい!というツボがあれば教えてください。

それなら「ゴミ箱を空にするツボ」、腎臓と膀胱のツボがおすすめです! 腎臓と膀胱は身体の排出器官であり、いわば身体のゴミ処理場。そこをキレイにせず一日を終えるということは、身体に生ゴミをためたまま一日を終えるということ! 足裏の腎臓と膀胱のツボをマッサージして排出を促し、機能をしっかりサポートすることで、身体全体の流れが良くなりデトックス。一日の終わりにぜひやっていただき、身体のゴミ箱を空にしていただきたいですね。もちろん、足のむくみにも効果大です。

― どれくらいやればいいんでしょうか?

やりすぎても特に困ることはないです(笑)。毎日がベスト!だけど、週に2~3回でもいいと思います。ただ「~しながらマッサージ」はダメ!やっぱり意識を向けることが大事です。10 分くらいが目安ですが、忙しい方は2~3分でもいいので、足裏マッサージする時間を作ってください。身体の不調に直接アプローチするだけでなく、継続することで巡りが良くなり、カラダの中から美と健康を手に入れられるはずですよ!

― 習慣にしてしまうことが大事ですね。正しいマッサージ方法を理解・実践しながら、あとは手軽に使えるグッズも併用して、相乗効果を狙いたいですね。

オフィスでは机の下にゴルフボールを置いておいて足裏でゴロゴロ転がしながらツボを刺激したり、寝る前に代謝を促すマッサージとケアアイテムを併用したり。いろいろ自分のやりやすいやり方で習慣化してもらえればと思います。身体の不調に直接アプローチするだけでなく、継続することで巡りが良くなり、カラダの中から美と健康を手に入れられるはずですから!

実践編足を拭きながらマッサージ

しっかり指の間をマッサージしながら、洗ったり拭いたりしましょう。
指と指の間のまたの部分に親指を押し滑らすように、プチプチと感じるまでマッサージします。指がぐらぐら動かないように固定しながら、しっかりと押すのがコツ。指の裏には目や耳のツボもあるので、ついでにギュッと押してあげると、効率的にマッサージできます。

実践編一日の終わりに身体のゴミ箱を空っぽにするマッサージ

  1. 足裏の中央を親指でぎゅうっと押して3つ数えます。そのまま指を離さず、ウチくるぶしに向かって「J」の字を描くように押しすべらせます。

  2. 押している親指の先端が足裏から足の側面に出たところで指を離します。

  3. 人差し指と中指の第一関節を使って、つちふまずの内側、内くるぶしの下をかかとに向かって押しすべらせます。かかとの骨の手前まで来たら指を離します。

実践編覚えておきたい足裏ツボマップ

気になる箇所をマウスで触ってみてください。 詳細が表示されます。
注意書きのないものは、左右対称です。

気になる箇所をタップしてみてください。
詳細が表示されます。
注意書きのないものは、左右対称です。

2015.11.18 更新